Senior Analytical Consultant for IoT

Job Locations JP-Tokyo
Requisition ID
20048158
Job Category
Consulting
Travel Requirements
25%

sas-logo-blue1

 

 

勤務地

東京

部門】 

コンサルティングサービス本部

ポジション】 

IoTアナリティカル コンサルタント/リーダー

 

SASとは?

企業の経営課題解決を支援するアナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディングカンパニーです。アメリカで1976 年に創業して以来、40 年以上連続した成長を続けており、全世界で約83,000 サイトで SAS が採用されています。1985 年のオフィス設立以来、国内において 1500社以上の実績を誇り、幅広い顧客にアナリティクス・ソフトウェアとサービスをご活用いただいております。SASでは、アメリカ本社を始め数多く国で、毎年GPTW(働きがいのある会社)のサーベイで上位にランキングされています。

 

アワード

  • 2021年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングにて4年連続ベストカンパニー
  • 2020年版の「働きがいのある会社」ランキングで、アジア地域におけるベストカンパニーの1社に選出
  • フォレスター・リサーチ社「クロスチャネル・キャンペーン管理(エンタープライズ マーケティング ソフトウェア スイート モジュール), Q2 2021」「デジタル意思決定プラットフォーム, Q4 2020」「リアルタイム・インタラクション管理, Q4 2020」「顧客分析テクノロジー, Q3 2020」、ガートナー社「2020 マルチチャネルマーケティングハブ分野のマジッククアドラント」でそれぞれリーダーに選出


【職務概要】

IoT関連の分析を活用した業務・意思決定改善プロジェクトのプロジェクトマネージャー、またはアナリティカルコンサルタントのリーダーとして、サービス提供窓口として立っていただきます。IoTを活用したスマート工場化やアフターサービス・保守メンテナンスなどの高度化の領域を狙い、案件における分析やPoC、モデルの業務運用に向けたシステム化を推進していただきます。

 

【仕事内容】

・データ分析実務(顧客への分析方針や分析結果の説明含む)

・プロジェクト管理・推進業務全般

・成果物 品質管理

 

【ポジションの魅力/強み】

スマート工場化の最前線やアフターサービス・保守メンテナンスなどの高度化などで顧客ビジネス・業務に深く貢献できるポジションです。データドリブンな意思決定とその業務への適用は、顧客のビジネスに直結するため顧客への貢献の実感が得られるとともに、スピード感と難易度の高い仕事ができ、分析スキルのみに閉じないご自身の成長やキャリアに繋がります。

 

【必須条件】

・データ分析実務経験

・統計の基礎知識

・プロジェクトマネージメントもしくはリーダー経験

 

【あればプラスとなる条件】

・プロジェクト提案経験

・契約事務経験

・顧客へのコンサルティング業務経験

IoTデータを活用した新製品・サービス開発の経験

IoTデータを活用した異常検知手法、品質要因分析手法、リアルタイム状態予測と制御の知見・実装経験

・高度な機械学習・AIの実装経験

・パッケージソフトウェアの導入経験

・システム構築の主なフェーズの知識・経験

・クラウド(MS AzureAWSなど)での開発経験

 

[求める人物像]

・顧客の前面に立ちプロジェクトをリードできる方

・顧客のビジネス・業務課題に対して仮説を立て、IoTデータを組み合わせてデータドリブンで検証して見えてきた事実を元に、粘り強く新たな知見や課題解決の方向性を見つけることに熱意が持てる方

・見つけた知見などを元に、顧客のビジネス・業務課題を解決する分析の業務適用に創意工夫ができる方

 

【面接回数】 3回(TA面接  現場面接  本部長面接)

 

SAS is an equal opportunity employer. All qualified applicants will receive consideration for employment without regard to race, color, religion, sex, national origin, disability status, protected veteran status or any other characteristic protected by law.

#LI-GE1

 

Options

Sorry the Share function is not working properly at this moment. Please refresh the page and try again later.
Share on your newsfeed